EXHIBITION 展示内容のご案内

展示内容のご案内

松岡コレクション 印象派・新印象派
  モネやルノワールはどこを描いたの?なにを描いたの?

2017年5月23日(火)~9月23日(土・祝)
開館時間
午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
休館日
毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
会場
展示室5、6
観覧料
一般800円/65歳以上・障害者700円/中高大生500円(20名以上の団体は各100円引)
19世紀後半のフランス、印象派の画家たちは絵筆を手にして野外で直接カンヴァスに向かいました。

従前の規範に囚われず、かれらが光や風を感じるままに描いたのは故郷の風景や何度も訪ねたお気に入りの場所 ― 英仏海峡に面したノルマンディ地方の海景、地中海沿岸の明るい陽光、フランス北西部に突き出したブルターニュ半島の景観などフランスの風景画を中心に、館蔵の印象派・新印象派およびその周辺の画家たちによる作品約40点をご紹介します。

*会期の途中で一部作品の入替えがございます。



【主な展示作品】
ブーダン   《海、水先案内人》                   1884年
モネ         《エトルタの波の印象》               1883年
シスレー    《麦畑から見たモレ》                1886年
モレ         《ブルターニュの海岸》
ギヨマン     《アゲー湾、信号所》               1895年頃
マルタン    《断崖》                               1913年
ルノワール 《ローヌの腕に飛び込むソーヌ》  1915年
クロッス      《遊ぶ母と子》                       1897-8年
ピサロ       《丸太作りの植木鉢と花》          1876年

主な展示作品
  • モネ
    《サン=タドレスの断崖》
    1867年
    リーフレットを拡大する
  • ロワゾー
    《フェカンの海岸》
    1924年
    リーフレットを拡大する
  • シニャック
    《オレンジを積んだ船、マルセイユ》
    1923年
    リーフレットを拡大する
  • マルタン
    《入江、コリウール》

    リーフレットを拡大する
  • ルノワール
    《リュシアン・ドーデの肖像》
    1879年(7/19火~)
    リーフレットを拡大する
  • ヴァルタ
    《黄色い背景と大きな花瓶》

    リーフレットを拡大する

このページの先頭へ

アクセス
松岡美術館までの詳しいアクセスマップをご覧頂けます。
入館割引券
入館割引券はこちらです。2名様までご利用頂けます。
団体見学
グループ、団体、課外活動でご利用される方はこちらからお申込みください。
ぐるっとパス 美術館・博物館等共通入場券&割引券
美術館・博物館等共通入場券&割引券
スマホでお得な入館券 電子チケット販売中
スマホでお得な入館券 電子チケット販売中
スマホで簡単、入場できるasoview
スマホで簡単、入場できるasoview
今ならポイント5倍!楽天レジャーチケット
楽天ポイントが貯まる電子チケット
21世紀鷹峰フォーラム
21世紀鷹峯フォーラム
  • TWITTER 松岡美術館アカウント
  • BLOG 松岡美術館スタッフブログ
フリーWi-Fi

フリーWi-Fiを導入いたしました。

防火対象物名:松岡美術館

当館は東京消防庁より優良防火対象物認定を受けました。