PERMANENT 常設展示

常設展示

ANCIENT OR ART古代オリエント美術

「彩色木棺」
末期王朝時代第30代王朝-プトレマイオス期初期
紀元前4世紀頃

収蔵品全体に占める割合は多くないものの、アナトリア、メソポタミアの出土品にはじまり、エジプトのブロンズ神像や浮彫、ギリシア・ローマの大理石像、陶器、テラコッタなど幅広く蒐集しています。その中からエジプトの「エネヘイ像」(第18王朝末期~第19王朝初期)、「彩色木棺」(第30王朝~プトレマイオス朝初期)などを常設展示とし、展示ケース内は不定期に展示替えを行っています。

MODERN SCULPTURE現代彫刻

エミール・アントワーヌ・ブールデル
「ペネロープ」1912年 ブロンズ 高さ239cm

エントランスを入って正面ロビー中央にブールデル「ペネロープ像」(1912年)、現代彫刻室内にはヘンリー・ムア「横たわる女、肘」(1982年)、「台に坐る母と子」(1983年)、これら3点の大形ブロンズ作品は白金台移転に伴い初めて公開するものです。これらの作品は、エミリオ・グレコの表現豊かなブロンズ女性像群と共に常設展示となっています。

ANCIENT ASIAN SCULPTURE古代東洋彫刻

「菩薩半跏思惟像」ガンダーラ3世紀頃

ガンダーラ石造彫刻群には、中国や日本で好まれる思惟像の源流を示す「菩薩半跏思惟像」(3世紀頃)をはじめ、釈迦の生涯を表わした「仏伝図」(3世紀)があり、「托胎霊夢」から「舎利分配」まで21場面を数えます。また、わが国では珍しいインド中世ヒンドゥー教神像彫刻の数々が官能的な姿をみせており、これら石造彫刻群は、当館常設展示の中核となっています。

PAGE TOPPAGE TOP
入場割引券

入館割引券はこちらです。2名様までご利用頂けます。

ぐるっとパス

美術館・博物館等共通入場券&割引券

スマホで簡単、入場できるasoview

スマホで簡単、入場できるasoview

楽天ポイントが貯まる電子チケット

楽天ポイントが貯まる電子チケット

当日券よりお得な前売り券「Webket+」

当日券よりお得な前売り券「Webket+」

Twitter 松岡美術館公式アカウント
BLOG 松岡美術館スタッフブログ

フリーWi-Fiを導入いたしました。

当館は東京消防庁より
優良防火対象物認定を受けました。

PAGE TOPPAGE TOP
掲載されている画像の無断転写・複製を禁止致します。
Copyright 2015 Matsuoka Museum of Art. All rights reserved.