loader

Now Loading...

TOP >  展覧案内 >  レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

会期

2024.06.18〜2024.10.13

展示室

展示室5・6

アメデオ・モディリアーニ《若い女の胸像(マーサ嬢)》1916-17年頃 油彩・カンヴァス 

本展では、20世紀初頭のパリを彩った多様な表現を、当館コレクションからご紹介いたします。パリに集った多くの異邦人からなるエコール・ド・パリ、前衛的な表現を探求したフォーヴィスムやキュビスム、シュルレアリスム、そして日本からパリに渡った作家たちの表現をご覧ください。シュルレアリスムに関わったジョルジュ・デ・キリコとポール・デルヴォーの作品は、約10年ぶりの展示となります。 加えて、常設展示より、ブールデルやヘンリー・ムアの彫刻作品も、普段の展示とは異なる視点を交えてご紹介します。

ポール・シニャック《オレンジを積んだ船、マルセイユ》1923年 油彩・カンヴァス 
ラウル・デュフィ《信号所》1924年 油彩・カンヴァス 
エドゥアール・ヴュイヤール《ウジェーヌ・フレシネ夫人の肖像(習作)》1933-34年 泥絵具・紙・カンヴァス 
モイーズ・キスリング《シルヴィー嬢》1927年 油彩・カンヴァス 
モイーズ・キスリング《グレシー城の庭園》1949年 油彩・カンヴァス 
モーリス・ユトリロ《モンマルトルの迷路》1942年 グワッシュ・鉛筆・紙 
マリー・ローランサン《帽子をかぶった少女》1924年頃 油彩・カンヴァス 

プレスの方へ 取材や資料をご希望の場合はこちらからお申込みください。